Admin

このブログは、管理人・沙羅がゲーム内だけに留まらず、思ったことを徒然なるままに書き綴る日記です。 更新は不定期になるでしょう( ̄ー ̄)

プロフィール

沙羅

Author:沙羅
メイン:沙羅
 魔法系吟遊詩人(自称)
 火の玉娘と呼ばれることも。
 
 MML作成承ります☆

中の人:
 宮崎出身の愛媛県在住。
 得意スキルは音楽。
 特に、筝、チューバが得意。
 ピアノはまぁまぁ。
 
 Twitter始めました☆
よかったらフォローしてやってください。
http://twitter.com/jade0073

星が見える名言集

FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

06  10  08  05  04  03  02  01  11  10  09  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)  --:-- by 沙羅
 ✤ 今年も
Posted on 11.2007
残すところあと1ヶ月を切りました。
去年は無計画な大掃除のせいで(その模様はこちらの記事でw
ごみとともに正月を過ごすという失態をやらかしてしまったので、
今年は気合を入れて12月初めから大掃除開始です。

いざ自分が主婦業の真似事をするようになると、
つくづく親のありがたさが身に沁みてわかります(>_<。)

今日はある本に刺激を受けて、
途方もないことを思いついてしまったので、その模様を書いてみたいと思います。


皆さんは、「記紀」についてどう思われますか?


 
 
十三の冥府 上 (1) (文春文庫 う 14-7)十三の冥府 上 (1) (文春文庫 う 14-7)
(2007/11)
内田 康夫

商品詳細を見る



十三の冥府 下 (3) (文春文庫 う 14-8)




あらすじ:

――日本の正当な歴史とは果たして何なのか?

そのことをめぐって論争を巻き起こすきっかけとなった
『都賀留三郡史』なる書物の真偽を確かめるため、青森へと出向いた浅見光彦。
書物を発見したとされる八荒神社の宮司は、それは史実であるとして譲らない。
その一方で、『都賀留三郡史』を偽書であると主張する人々が次々と不可解な死を遂げていく。
そして、謎のお遍路の死。お遍路と八荒神社の巫女との関わりに気付いた光彦は
女の深い業の渦に翻弄されることとなる。

これは果たして、アラハバキ神の祟りなのか・・・!?
はたまた、歴史上さまざまなものを中央に「殺されて」きた、みちのく人の怨念なのか?




この作品はめずらしく(もないか?)上下巻になっていますね。
浅見シリーズだったことに加え、表紙に惹かれて購入しました。

それにしても、私も浅見さん好きだなぁw

今回の話はなんとなくつかめそうでつかめない感じでした。
でも、あれだけ「都賀留三郡史」について陰謀が渦巻く様を描いていた割に、
結末はちょっとあっけなかったな。というのが私の印象です。
が、死者の数がちょうど○人だとわかった時は、浅見さん同様、私も背筋が寒くなりました。
 
何人かって?
ご自分で数えて見てください( ̄ー ̄)

ところで、作中で鍵となる「都賀留三郡史」なる書物。
実はモデルとなる書物があるらしいですねぇ。
都合上、作中ではタイトルを変更しているようです。
(ちなみに作者曰く、まったくの偽書らしいです)

それはともかく、歴史というのはたとえばひとつの時代でも、
視点を変えてみると、ぜんぜん違った形に見えるものだなということを
考えさせられる小説でした。
 
記紀では神武天皇は英雄ですが、では、彼らに滅ぼされた側からしたらどうでしょう?
まったくの悪逆非道の蛮勇に映ることでしょうね。

最近は、品格本やら、江戸しぐさやら、武士道など、
古き良き時代に回帰しようとする動きが盛んですが、
少し見方を変えると格差社会の流れから来る下のステータスに落ちてしまうことへの恐怖と見下し、
そして上流階級への憧れと嫉妬がないまぜとなった複雑な感情が見え隠れしていたりするわけです。
(「女性の品格」とやらも結局ただのマナー本だったしw)
ま、より良い自分を目指して努力するだけなら良いと思いますがね。
誰かに押し付けなければ!!


と、話が脱線しましたが、記紀以外の歴史書を一度紐解いてみたいなぁと思いました。

神武天皇は、記紀で「天孫降臨した」と言っていることから察するに渡来系だと思われます。
宮崎には、「高千穂」という地名は2つあり、
ひとつには宮崎県高千穂町、もうひとつは宮崎駅前の高千穂通りです。
宮崎市内の「高千穂」なら、海もすぐそこだし(宮崎港)「降臨」しやすいですよね。
そしてたぶん、邪馬台国も九州でしょう。
魏志倭人伝に「那珂」という地名が出てきますが、その那珂が多く残っているのは九州ですし、
魏志倭人伝の記述どおりに地図上で距離を計算してみても、やはり九州説が有力です。
では、次々と征服されていった土着の人々はどうなったかって?
それこそ、勝てば官軍。歴史上から消されていった人々なのです。
たぶん、記紀の中で敵やら魔物やらとして描かれているのがそうでしょう。
それに、彼らが渡来系だとするならば、記紀が中国の神話と似通っていることにも
ギリシャ神話、北欧神話などに似たようなエピソードがあることも、
説明がついたりするんですよね(--;
あくまで、私のとりとめのない考え(というかむしろ妄想?w)ですけどね。


ただ、記紀だけが日本の神話にあらず。だと思う気持ちは強くなりました。
鶴見和子さんの『殺されたもののゆくえ』を復習するところから始めたいと思います。
柳田國男や南方熊楠なんかも読み返してみたいですねぇ。






おまけ。

乗れたらいいな♪


これ、何だかわかりますか?

実は、『BACK TO THE FUTURE』で活躍したタイムマシンのデロリアンです。
日曜に、松山市にあるショッピングセンターに買い物に行ったら、
1階でイベントをやっていてそこに展示されていました。
乗ることはできなかったけど、見てるだけでも楽しかったです o(≧▽≦)o
若きころのマイケル・J・フォックスもそれはもうかっこいい!!
もう一度DVD借りてこようかな~♪

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

cetegory : リアル  ✤  comments(6)  ✤  trackbacks(0)
2007年12月11日(火)  15:37 by 沙羅
 ✤ Comment






392:
 歴史に関しては正しい正しくないの論争は難しいとこですが。もっとも時代とともにハッキリしたり変わったりする事は当然あるようですね。両親は「子供の頃習った歴史では秀吉は英雄だった」って言ってましたけど、最近の大河ドラマなんかをみると、豊臣秀吉は欲望丸出しのエロおやじ、という感じですねえ。でも正直わかっていることだけ見てもこっちの方がより本来の人間像に近い気はしますw 一方では教科書問題になっている沖縄の集団自決に関しては、正直まだはっきり教科書に書くべきではないのでしょう。少なくとも当時沖縄にいた軍人さんが生きていて、裁判も続いているわけですし。実際、そのように学校で習った人の多くは、それが正しい事だと思って大きくなってしまいます。そういう意味では歴史の教育は本当に難しいですね。

 んー・・・重い事書いてたら、マイケル・J・フォックスのこと書く雰囲気じゃなくなってしまったw
イヴィスティ ✤  2007/12/12 04:23 ✤  [編集]
393:
>>イヴィ

 私は、ぶっちゃけ、正義同様こちらも「正しい歴史」なんて、タイムマシンでも開発されない限り存在しえないと思っています。 手記なんかが残されていたとしても、これだって書く人の主観が入るわけだから、客観的な事実はどうなのかまでわかりませんもの。 今の時代に生きている私たちだって、自分が生きている時代を正しく語れますか? たぶん無理です。
 そこを踏まえて教えないとね。 ちなみに自分が歴史の先生だったらこう言うと思うけどな。
「これから自分が教えることは、テストでいい点を取っていい社会人になるために聞くことだと割り切れ。頭の中では、半分本当・半分嘘のおとぎ話のようなものとして聞くがいい。本当に興味を持ったことなら、今は漫画や小説もたくさん出てるから自分で調べろ。」
 実際、自分が高校の時に習った世界史の先生もこういう方でした。 ここまであからさまには言わなかったけどね。

 ちなみに大河ドラマは、イヴィも知ってると思うけど、味付けのために多少脚色されてたり、架空の人物なんかも出てきているから、一概に「史実に近い」とは言えないと私は思うけどね。 『義経』のときの渡哲也扮する平清盛とか、今まで教科書で習ってきた歴史からだと、あんな清盛像は結べないんじゃないかなぁ? 
純粋にエンターテイメントとして見るなら面白いけどね^^ 2008年度の『天璋院篤姫』は、私の好きな宮尾小説がモデルですが、どうなることやら・・・。 フジテレビの『大奥』がナイスキャスティングだっただけに、今回の配役にイマイチ馴染めない私がいます(^^; 

 いっそのこと、ごちゃごちゃと論争するのやめて、デロリアンに乗って古代日本へでもどこへでもタイムスリップしてみようwww あっという間に生贄(?)にされそうでガクブルだけどね( ̄ー ̄;)
沙羅 ✤  2007/12/12 10:37 ✤  [編集]
394:
歴史は時の為政者の都合で書き換えられる。

とまぁんなご高説はまた今度にしまして、DMC良いよDMC。
デロリアンの中古レストア済みが300万円とか、高すぎやしませんか(´・ω・`)
群雲紗那 ✤  2007/12/13 19:46 ✤  [編集]
395:
>>紗那

紗那は本当に車好きなんだね^^
車の話はよくわかんないけど、やっぱあの車ってそれぐらいするのか・・・。
ドアの開閉が他の車と違うよね~。Back to the Futureのタイムマシンだけかと思ってたけど、実際のDMCだとその辺どうなの?
沙羅 ✤  2007/12/13 21:33 ✤  [編集]
396:
ちなみにDMCはメーカーの名前ねw
んで、デロリアンは上に開くよー、だから扉のダンパーて部品がすぐダメになっちゃうの。
デロリアンのただ上に開くドアが、ガルウィングドアで
前上方に上がるドアが所謂スーパーカードアって言いますん。
んでそんな形にする理由が、車体の捻り剛性ってのを上げるためにドアの下にあるサイドシルって部分を太くすると扉を普通に前に開くと乗りにくくなるのよね。
だから上に開いて頭をぶつけないようにして乗りやすくしてるのよん。
ちなみに捻り剛性を上げる利点てのは、サスペンションを効率的に動かせるから乗り心地が良くなったり、効率良く動かせるが故に運動性能が上がったりするから緊急回避とかに便利だったりw
群雲紗那 ✤  2007/12/15 02:44 ✤  [編集]
397:
あ、「車」が抜けてた(苦笑)
途中からちと話についていけなくなった私がいる・・・。

それはともかく、普通の車と比べたら乗り心地は良さそうね。でも、私はどじっこですから、上に開くドアでも頭ぶつけそうwww
沙羅 ✤  2007/12/15 13:13 ✤  [編集]
 ✤ Trackback
この記事のトラックバックURL
http://jade0073.blog55.fc2.com/tb.php/81-ab6419fa

 ✤  BLOG TOP  ✤ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。