Admin

このブログは、管理人・沙羅がゲーム内だけに留まらず、思ったことを徒然なるままに書き綴る日記です。 更新は不定期になるでしょう( ̄ー ̄)

プロフィール

沙羅

Author:沙羅
メイン:沙羅
 魔法系吟遊詩人(自称)
 火の玉娘と呼ばれることも。
 
 MML作成承ります☆

中の人:
 宮崎出身の愛媛県在住。
 得意スキルは音楽。
 特に、筝、チューバが得意。
 ピアノはまぁまぁ。
 
 Twitter始めました☆
よかったらフォローしてやってください。
http://twitter.com/jade0073

星が見える名言集

FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

06  10  08  05  04  03  02  01  11  10  09  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)  --:-- by 沙羅
 ✤ La Purfum
Posted on 23.2007
美容カテゴリに入れてしまおうか読み物に入れてしまおうか迷ったけど
とりあえず読書系ということにしておきます。
 
今日もあいかわらず読書とビーズクラフトと…
お外に出ても何もすることがないんですもの。
とりあえず家の中でAquaTimezとか少年カミカゼとか聴きつつ
大人しくしてる日々です(--;

 
そんな中、私の楽しみの一つがこれ。
 
↓↓↓

 



ひそかにお気に入りの香水をつけて楽しむことです。
個人的にはGIVENCHYのOrganzaが一番好きかな。
VivienneWestwoodなども好きです。

昔から香水は大好きでしたが、
私をさらに香水好きにしたきっかけがこの本。
 
0の奏香師 0の奏香師
由貴 香織里 (2006/07/19)
白泉社

この商品の詳細を見る


由貴さんの絵は相変わらず耽美的ですね^^
『天使禁猟区』の頃から大ファンで、
実家に戻れば伯爵カインシリーズや『螺子』などほぼ全巻そろってます。
この漫画では、若き天才調香師・斎川奏が、
奏の従妹で(といっても叔母の再婚相手の連れ子で奏とは血のつながってない)フランス人の女子高生・アナイスとともに
さまざまな事件に巻き込まれ、そして類まれなる優れた嗅覚により
それらを解決していくミステリー物です。
特に、一番ラストのエピソードが感動物。不覚にも泣けました。
『ルードヴィッヒ革命』同様、これも連載にならないかな・・・。


そんなわけで、いつか調香師さんに自分だけの香水を作ってもらうのが
ひそかな夢だったりするわけです。
ところが・・・



・・・・・・

・・・・・・・・・・

そんな私に、『調香師』というキーワードは効果抜群でした。

え?何にって?

いつもは絶対に手を出すことのない
ハードカバーな本
を買わせる効果です_l ̄l○


幻香 幻香
内田 康夫 (2007/08)
角川書店

この商品の詳細を見る



私がハードカバーに手を出さない理由:

高いから(爆

しかもまたまた浅見光彦シリーズです。
懲りないな。私も。

まぁ、気を取り直して・・・

あらすじ:
 33歳・独身・居候で肩身の狭いフリーのルポライター(自称)浅見光彦の元に届いた手紙から、甘い芳香が立ち上った。
「4月10日、栃木市の幸来橋にきてください。でないと、私は死ぬことになります」
以前こんな調子の手紙をもらった際、いたずらであると決め付けて無視したことによって、本当に送り主が死んでしまったという苦い経験のある浅見はとりあえず栃木の幸来橋に向かう。
だが、浅見を待ち受けていたのは二人の刑事だった。新進気鋭の若き調香師・戸村浩二殺人事件に巻き込まれた浅見は、被害者と手紙の差出人の接点を追って、10年前に殺害された天才調香師・国井和男の事件にたどり着く。
浅見の前に現れる3人の美女は女神なのかはたまた魔女なのか!?
彼女たちの放つ絢爛たる芳香が名探偵の嗅覚をも狂わせていく・・・。


ここで一つツッコミたいこと。
昔は肩身が狭かったかもしれないけど、今は
33歳独身・親と同居・彼女なしなんてめずらしくないよね(^_^;
でも特筆すべきは、兄・陽一郎の存在でしょう。
なんてったって、刑事局長サマですから。
おまけにメイドさんまでいるようなお金持ちのお坊ちゃんなんですよね・・・。
テレビではその部分はあまり放映されてない気がするけど。
加えて独身貴族風でかつ爽やかな好青年風の容姿。愛車ソアラに颯爽と乗って・・・


こんなかっこいいのになんで控えめなんだ???

事件で関わりを持った女性には大概惚れられてるけど
浅見サン、絶対逃げ腰なんですよ・・・_l ̄l○
最後の最後も素直になれない~♪(誰の曲かわかったあなたはご一報を。)
事件のことになるとその明晰なる頭脳を遺憾なく発揮する浅見さんですが、
女性のことになるとちょっと不器用><
でもそこがイイ!!(・∀・)

え~・・・ゴホン!

まぁ置いといて、この作品は、作者の内田康夫氏とファンの間のリレー小説に
内田康夫氏が大幅に手を入れて改良して出版したものだそうで、
著作一億冊突破記念特別作品らしいです。
栃木のリンチ殺人事件や桶川の女子大生ストーカー殺人事件などの警察の不祥事や、
以前問題になったタミフル服用の問題についても触れていたりと
なかなか興味深く読めました。
他の作家さんですと、現実に出てくる地名や会社名、商標など
ちょっと変えたりして小説を書く方が多いのですが、
この方は容赦なくバシバシ出してます。
(さすがに個人名などは出してませんけどね)
そのほうが面白みもあって楽しめますが^^
それから、香水の専門書とか読みにくいっていう方には、
入門編としてもお勧めできそうではあります。
予備知識が結構詰まっていたりして、素人にわかりやすく解説されているので、
おまけにミステリーですから、興味を持ちやすいでしょう^^
でも、終わり方があっけなくてそこがちょっと物足りなかったです(^_^;
わたしとしては☆4つぐらいかな。
なかなか楽しめましたので^^


三位一体の魅惑の香水―――
もしそんな香水が開発されたら真っ先につけてみたいと思った沙羅なのでした☆



おまけ。

最近、「体臭がローズの香りになる」というサプリメント飲んでますが、
あれ、確かに効き目はあるけど好き嫌い分かれそう(>_<。)
初めのほうはバラとバニラみたいな甘い香りなんですけど、
昨日はその香りで気分が悪くなってしまって・・・
やっぱりものぐさなことは考えるものじゃありませんね(苦笑
 
 

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

cetegory : 読み物。  ✤  comments(4)  ✤  trackbacks(0)
2007年08月23日(木)  00:18 by 沙羅
 ✤ Comment






276:浅見光彦ねえ・・・
 香水に関してはコメントできないけどね。残念ながら。浅見光彦シリーズにん関してなら少し何か言えるかw

 浅見光彦ってなんか兄貴へのコンプレックスでこんな性格なんだーみたいなイメージが昔あったけど(最初ドラマで見てたころね)、最近読んでみてどうも違うような気がしてる。同じ境遇だったら・・・と考えると、どれだけとやかく言われても「あせっても仕方ないな」くらいにのんびり生きてくような気がするしw 適当に仕事して、家に帰って、たまに性分で変わったことに首突っ込んだりして・・・ってある意味悠々自適の最高の生活なのかも。もてるもてないは置いといて、そんなにがっついてないだけかなあ、ってのが個人的な光彦像ですね。

 しかし我ながらまとまりねえ文章だな。プロの人みたいにとはいかなくても、もう少しすっきりした文章かけるようになりたいです。
イヴィスティ ✤  2007/08/23 11:31 ✤  [編集]
277:
TVでは 浅見光彦シリーズよく放送されてますよねー^^
もちろんみさきも大好きなシリーズの1つなのですが
演じる俳優さんによって 印象ががらりとかわります。
1番好きだったのは 水谷豊さんの浅見光彦でした(*ノノ)
(ぁ 歳がばれる?w
みさき ✤  2007/08/23 12:46 ✤  [編集]
278:
水谷豊さんの浅見光彦は私も好きだったなぁ。もうちょっと線が細い方がわたしのイメージにあってるけど。
劇場版天河伝説殺人事件の榎木孝明さんが良かったような気がする。

うろ覚えなので気がするだけw
カラクルム ✤  2007/08/23 15:13 ✤  [編集]
279:
>>イヴィ
いやいや、最近は男の人も香水つける人増えてるよ。
ちょっとすれ違った瞬間にふわっと香るぐらいなら、嗜み程度にひとつ挑戦してみてはいかがかね?( ̄ー ̄)
浅見氏に関しては「美雪をさらってしまいたい衝動にかられ」たりしつつも「口から出たのは反対の言葉だった」(『皇女の霊柩』より)ような人ですからねぇ。
がっついてないというより、普通に押しが弱いだけな気がしました(^_^;
ちなみに私が浅見さんと同じ立場だったとしたら、母君の嫌味に耐えられません(苦笑
それから、「我ながらまとまりねえ文章」とのことですが、
イヴィにそれ言われると、私が書く文章など小学生の作文より劣悪なんだが・・・何か?(--;

>>みさきちゃん、カラさん
私もTVシリーズの浅見光彦シリーズはよく見てました^^
私が見たのは辰巳啄朗さんと榎木孝明さんのシリーズで水谷豊さんのほうは見たことありません(>_<。)
中でも榎木さんは作者の内田さんも絶賛してるそうです^^
私はどちらかというと辰巳さんのほうが好きですが…。

水谷豊さんの浅見さんもちょっと見てみたい気がする。
ちなみに、現在浅見さんを演じてるのは俳優の方の中村俊介さんですねぇ。
(こちらもまだ見てませんが・・・皇女の霊柩は中村俊介Verと榎木孝明Verがあるらしいです)
沙羅 ✤  2007/08/23 18:03 ✤  [編集]
 ✤ Trackback
この記事のトラックバックURL
http://jade0073.blog55.fc2.com/tb.php/63-40243600

 ✤  BLOG TOP  ✤ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。