Admin

このブログは、管理人・沙羅がゲーム内だけに留まらず、思ったことを徒然なるままに書き綴る日記です。 更新は不定期になるでしょう( ̄ー ̄)

プロフィール

沙羅

Author:沙羅
メイン:沙羅
 魔法系吟遊詩人(自称)
 火の玉娘と呼ばれることも。
 
 MML作成承ります☆

中の人:
 宮崎出身の愛媛県在住。
 得意スキルは音楽。
 特に、筝、チューバが得意。
 ピアノはまぁまぁ。
 
 Twitter始めました☆
よかったらフォローしてやってください。
http://twitter.com/jade0073

星が見える名言集

FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

06  10  08  05  04  03  02  01  11  10  09  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)  --:-- by 沙羅
 ✤ 背筋も凍る・・・
Posted on 10.2010
 
Bon jour!!

本日、めでたく念願の事務職への就職が決まり、
チョ~浮かれ気分の沙羅です♪


さぁ~これから忙しくなるぞぉ~~~!


というわけで、あと数日で気ままなフリーター暮らしも終わりを告げます。

そこで、ちょっと前に知り合いに借りた小説の映画版をDVDで見てきました(--;
夏に話題になったノリピーも出てる映画なので興味津々でしたが・・・

やっぱJホラーは怖いね(--;


以下、続きでどうぞ↓↓↓
 
 

 
 
予言―J‐HORROR THEATER (角川ホラー文庫)予言―J‐HORROR THEATER (角川ホラー文庫)
(2004/09)
林 巧つのだ じろう

商品詳細を見る

予言 プレミアム・エディション [DVD]予言 プレミアム・エディション [DVD]
(2005/04/01)
三上博史酒井法子

商品詳細を見る





 
 
あらすじ:
 それは一家にとっての夏休み最後の日の夕方のこと・・・。
 
 向学院大学講師・里見英樹は、妻の実家からの帰りに、
助教授昇進がかかった論文を提出するために立ち寄った電話ボックスで、
「恐怖新聞」と書かれた赤茶けた新聞を見つける。
 その新聞の日付は未来の日付。今から数分後に彼の愛娘が事故死するというものだった。
 茫然と立ち尽くす彼の目の前でそれは現実となってしまう。

 それから三年。妻と離婚し、大学講師も辞め生きる希望もなくただ茫洋と
私立高校の国語教師として働く里見の前にまたもあの新聞が届く。
 彼はこの絶望的な「予言」たちを覆すことができるのか!?

(あらすじ、以上)



 Jホラーシアターは、確か『感染』はずっと見た記憶があるんだけど、
ストーリーはよくわからんかったって感じですね。

 でも、この『予言』はよくできていました。
小説では最後のほうはちょっとワケわかんないというか、
何で唐突にそのシーンが出てくるわけ????
って感じだったんですが、映画を見てようやく合点がいきました。


 しかも、あとがきを読んで知ったんですが、
これに出てくる恐怖新聞の研究者の鬼形礼って、実は
30年前に少年チャンピオンで連載されていた人気漫画『恐怖新聞』の
主人公らしぃ!!!
 漫画では鬼形は13歳という設定だったため、
当時の小中学生の間でかなりブームになったそうです。
(今度うちの親父にでも聞いてみようw)

 何でも、恐怖新聞とは、その漫画の設定だと
人の死に関わる予言が書いてあって、一度読むと100日分寿命が縮むんだとか・・・。
そんな新聞読みたくねぇ!!!

で、その漫画を元にして作られた映画が、この『予言』らしいです。

 マジ読みたくなったよ。『恐怖新聞』w

(あ、もちろん漫画の方ね。恐怖新聞は届いちゃイヤ!(>_<。))


 何が一番怖いって、音の使い方がとにかく巧みなんですよ。
あの紙がめくれる「パサッ」って音だとか、恐怖新聞が届くときのゴォ~~~って音とか
主人公がパソコンのキーボードを打つ音、本をめくる音・・・
主人公の車にトラックが突っ込むシーンの、トラックの轟音とか・・・・・・

 とにかく音の一つ一つが根源的な恐怖を掻き立てます。
轟音だとか、奇妙な音以外は、普段聞き慣れているはずなのにね。

 一人でいるときに「パサッ」とか音がしただけで、
ビクッ!とかなりそうです(-_-lll

 全体としては、恐怖新聞のおかげで人生を狂わされた夫と、
別れても尚、夫の言う恐怖新聞という絵空事を信じようとした妻の
恐怖新聞との戦いという構図になっています。

 恐怖新聞は届いた本人にしか見えないってのがまずイタイよねw
周りの人間はきっと・・・

「は?こいつ何言ってんの???(・_・;)」

ってな反応に・・・なるわなー、そりゃ。



 でも、最後の一コマ・・・日本のホラーではお馴染みの手法ながら、
まぁ~後味の悪い恐怖が。。。

 でも、『感染』に比べたら、観た後の後味は良かったかも。

『恐怖新聞』を知っている人はもちろん、
知らない人でも十分楽しめると思います。

 興味のある方は是非観てみてください^^

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

cetegory : 映画  ✤  comments(2)  ✤  trackbacks(0)
2010年02月10日(水)  17:42 by 沙羅
 ✤ Comment






629:
トラック・・・・イヤダワァ
交差点で急にバックしてきて車体潰されたことあるから洒落にならん(
どっかのさなさん ✤  2010/02/12 05:47 ✤  [編集]
630:
>>紗那

 私もあんま想像したくないな(--;

というのも、冒頭の愛娘の事故死ってやつは、運転手が心臓麻痺かなんかで死んで制御不能になったトラックが主人公の車に突っ込んでくるってやつで・・・。
 しかも娘が外に出たいって言ったときに、母親が娘を下ろそうとするんだけど、チャイルドシートのベルトの金具か何かに娘のワンピースが引っかかって外れないからお父さん手伝って~ って外に出てきたところでガッシャーンだし・・・。

 原付乗ってても、トラックの近くはあんまり走りたくないですね。
沙羅 ✤  2010/02/12 18:14 ✤  [編集]
 ✤ Trackback
この記事のトラックバックURL
http://jade0073.blog55.fc2.com/tb.php/151-08ad9e66

 ✤  BLOG TOP  ✤ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。