Admin

このブログは、管理人・沙羅がゲーム内だけに留まらず、思ったことを徒然なるままに書き綴る日記です。 更新は不定期になるでしょう( ̄ー ̄)

プロフィール

沙羅

Author:沙羅
メイン:沙羅
 魔法系吟遊詩人(自称)
 火の玉娘と呼ばれることも。
 
 MML作成承ります☆

中の人:
 宮崎出身の愛媛県在住。
 得意スキルは音楽。
 特に、筝、チューバが得意。
 ピアノはまぁまぁ。
 
 Twitter始めました☆
よかったらフォローしてやってください。
http://twitter.com/jade0073

星が見える名言集

FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

06  10  08  05  04  03  02  01  11  10  09  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

カテゴリー
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

FC2Ad

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)  --:-- by 沙羅
 ✤ ドラマはお好き?
Posted on 14.2009
いつもはあまりドラマを見てなかった私ですが、
今期はたくさん録画してみてました。

見たかったけど裏番組になって見れなかった分はDVDになってから見るとして・・・

最近オリジナル脚本でやってるドラマって少なくなりましたね~;;

でも、おもしろいからまぁ許す!
 
 

 

 
 
 


その1 天地人
え?今期のドラマじゃねぇじゃん?

んなこたぁ~知ったことじゃないですw
小栗クンが石田三成役と聞いて、これはもう見るしかないと思いました。

そしたらなんと!!!
小栗クンって数年前の大河で、石田三成の幼少の頃の役してたんですねぇ~。
なんという偶然!!

肝心のストーリーはといいますと、
妻夫木クン演じる直江兼続の一生を描いた作品です。
直江兼続というのは、戦国時代の上杉家の家老を勤めた人物のこと。
徳川家康に「直江状」という手紙を突きつけ、
天下分け目の関が原の戦いの遠因を作った人です(--;

彼の特筆すべきはやはり、「愛」の兜でしょうか。
三成もかっこよかったですが、私が戦国武将の中で一番好きな真田幸村もかっこよかったです!
幸村役は、城田優クン。
イケパラ・ROOKIES、そしてこの天地人・・・
存在感がまず違うと感じました。

「もみじが赤いのは、その枝を守るために最後に真っ赤に燃えて散るから。
 もみじのような家臣になりなされ。」

確かこんな台詞を幼い兼続に母が言うのですが、
私も、もみじの葉っぱを見るたびにこの台詞を思い出します。

最後に兼続は、「わしはもみじのような家臣になれたかのぅ」と言って
眠るように死んでいくのですが、私もあんな死に方したいです。

ま、随分先のことになるだろうけどね。



その2 サムライ・ハイスクール

痛快な学園アクションストーリーです。

主人公・望月小太郎(三浦春馬)は、おドジでヘタレな、でも心優しい高校3年生。
ある日、自分の先祖で、真田幸村の家臣である望月小太郎に
乗り移られてしまいます。
それから、小太郎君の平凡な日常はガラリと変わっちゃうわけです。
「死」を連想させる台詞に反応して出てくるサムライ小太郎は、
現代における悪をバッサバッサと斬り捨てる勇気ある実直な侍。
幼馴染の永沢あい(杏)との恋路もサムライ小太郎に邪魔される予感w
さぁ~小太郎は自分の体からサムライを追い出すことができるのか!?


土曜日に最終回が放送されたけど、実はまだ見てないですw

三浦クンが出ると聞いて、これは絶対見るべ!と思ってたわけですが、
一度見たらもうダメ。
サムライの痛快さにハマりました。

学校って確かに、現代社会の縮図だったりするよね。

しかも、なぜこのドラマをその2に持ってきたかって、
天地人で幸村役だった城田優クンが実は主人公の親友役で出てるじゃあ~りませんかw

役柄は気が小さくオドオドしているけど、心優しい苦労人・中村剛の役。
でも、配役決めた人、絶対意識したよね。。。ウンw



その3 小公女セイラ

あの世界的名作「小公女セーラ」を現代版にリメイクしたドラマです。
ドラマが始まる前から私のクラスでも話題になっていて、
とりあえずネタのために見始めたのが最初。

小さい頃に原作を読んだことがあるし、
結末も知ってるんだけどね。。。

セイラ(志田未来ちゃん)への執拗なイジメを見ると、
正直マジ凹みました(--;
特に第3話のトマトを20個以上も投げつけられるシーンが・・・;;

ううう・・・見たくない見たくない・・・
でも見てしまうのはなぜだろうwww

と見続けて第9話。
ついにセイラの屋根裏部屋を綺麗に変身させてくれる謎の人物(要潤)現る。
原作じゃ確か、お父さんの友人で、自分に何かあったらセイラのことをよろしくとか
頼まれてたインドの富豪だったっけ・・・。

私の予想じゃそのインド人は亜蘭先生(田辺誠一)だったんだけどな~。
ちと外れたかwww

今週の土曜日、ついに最終回です。
予告を見て今からわくわくが止まりません。



その4 東京DOGS

「月9的に事件です!」
月9にはめずらしくハードボイルドが来ましたヨ。

高倉奏(小栗旬)はニューヨーク市警のエリート警察官。
麻薬シンジゲートの大物・神野を追っていたが、寸でのところで取り逃がし、
その失敗のために捜査を外され、現場に佇んでいた謎の女松永由岐(吉高由里子)の
日本への護送を命じられてしまった。
奏がいた現場に偶然麻薬取引の摘発のために来ていた工藤マルオ(水嶋ヒロ)は
元暴走族の特殊捜査科の刑事。
日本に来た奏は、マルオとバディを組むことになるが・・・


絶対絶命のピンチのときに繰り出される奏とマルオの口ゲンカが
実は結構おもしろかったりして。
どうでもいいことで口ゲンカしつつ、敵をばったばったと殴りそして撃ちまくるw

でも、いつもいつもいいところで神野に逃げられてる感じですねぇ。
奏は神野を逮捕することができるんでしょうか。



その4 坂の上の雲

主人公の秋山兄弟と正岡子規といえば、
まさに松山ゆかりの人物です。

原作小説は大学に入りたての頃に読んだし、
「日露戦争物語」(江川達也 作 なぜか日清戦争のとこで完結してるw)も全巻持ってました。

てなわけで、始まる前から結構楽しみにしてたこのドラマ
まだ、一番初めしか見てないですが続きが気になります。
 



今期の総括として、
個人的におもしろいなぁと思う反面、
内容がちょっと薄いなぁとも感じました。

ま、不況の影響でしょうかねぇ。

さて、来期はブラッディマンディが再び始まります。
前回は細菌テロでしたが、今度は核爆発らしいです。

これも漫画原作ですねぇ(--;

が、もちろん絶対見ますヨ!
三浦クンが出てますし(*ノノ)


TBSさん、ニュースの不祥事続きで大変でしょうけど、
頑張っていい番組作ってくださいね。

 

追記:
セーラを救う富豪は、原作ではイギリス人のトム・クリスフォードという人で、
インド人はその人の家来。(それで謎の人物の名前が栗栖慶人なわけねw)
で、亜蘭先生の役どころのフランス語教師は、セーラの唯一の理解者で、
ラビニア(セーラを執拗にいじめる女生徒)の逆恨みにより
学院をクビになる(ドラマは一応原作どおりだった。)らしい。

間違ってたので訂正。

テーマ:ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

cetegory : ドラマ  ✤  comments(2)  ✤  trackbacks(0)
2009年12月14日(月)  16:21 by 沙羅
 ✤ Comment






619:確かに気になる
こんにちは、沙羅さん。
久しぶりにこのブログに投稿させていただきます。

健康法師も”その1”~”その4”のドラマ、非常に気になっていました。特に小公女セーラは昭和の時代世界名作劇場のアニメで放送していて、幼少の頃、涙に濡れながら(誇大表現)妹と見ていました。

島本須美さんの、優しくて穏やかだけど凛とした声が大好きで、気がつけば風の谷のナウシカでも、ナウシカ役で声優やって、ますます好きになった事を思い出しました。

結局、今回の志田未来ちゃん版は見ることがなかったけど、昔同様ハッピーエンドで終わったのかしら。。。。。?


健康法師 ✤  2009/12/23 12:25 ✤  [編集]
620:
>>健康法師殿

お久しぶりですね。
健康法師さんも気になっていたという『小公女セイラ』ですが、あれから、最終回見てきました。
 私はアニメ版見てないのでなんともいえないですが、原作に忠実に、かつドラマならではのエンディングでしたねぇ。
 アニメのベッキー(屋根裏部屋に住むお手伝いの子)は、ドラマではカイト君といいまして、男の子なんですけど、セイラとカイト君の恋も、あの二人ならではの結末と言えます。
 元々の舞台はイギリスの寄宿学校なのに、日本の全寮制の女子高にして大丈夫なのか?などと、見る前はいろいろと不安もあったけど、なかなかおもしろかったですよ。
 私が一番おもしろいと思ったのは、セイラと、セイラを主にいじめている「まりあ」(アニメ版では確かラビニアなのかな?)、それから、セイラたちを傍観しているかをりの関係でした。
 あと、院長先生役の樋口可南子さんも、篤姫のお幸役とはまた一味違った演技をしていて、興味深かったです。
 DVDで是非見てみてください。

にしても、アニメ版セーラの声優さんはナウシカの人だったのか。アニメ版一度見てみたいかも。。。
沙羅 ✤  2009/12/26 15:28 ✤  [編集]
 ✤ Trackback
この記事のトラックバックURL
http://jade0073.blog55.fc2.com/tb.php/144-131cb9df

 ✤  BLOG TOP  ✤ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。